引っ越し 費用 だいたい

引っ越しの値段と相場が知りたい!

引越し 費用

引越し 費用 相場

引越し 費用 価格

引越し 費用 最安値

引越し 料金引越し一括見積もりはこちら

 

 

引っ越しにはお金がかかります。
でも実際にどのくらいかかるのか、具体的な数字を知りたいと思いませんか?

引っ越し費用=荷物の量+スタッフの人数+移動距離+オプション

 

荷物が多ければ大きなトラックと沢山のスタッフが必要ですし、移動距離が遠ければ運転を交代するスタッフとガソリン代が必要です。
オプションとは、不用品の処分費とかエアコンの移設費などのことです。

 

・エレベーターがないので4階まですべて手作業で運ぶことになる。

 

・前の道が狭くて遠くにしかトラックを停められない。

 

・2階がリビングなので、冷蔵庫はベランダから吊り上げて入れなくてはならない。

 

こんな場合でも、引っ越し費用は変わります。
あなたと同じ条件で引っ越しする人を探すのは、ほぼ不可能です。

 

どうするかと言いますと、実際にかかる引っ越し費用を複数の引越し業者に見積もりと取ってみるしか方法はありません。
これならあなたが知りたい値段と相場が簡単にわかります。

 

複数の引っ越し業者に見積もりを取るなら、引っ越し業者一括見積もりがオススメです。

 

一括見積

 

 

 

一度順番に運びたい家財や物件の情報を入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。

 

これなら相場はもちろん、最安値の業者も簡単に見つけることができます。

 

この方法で最大50%オフになったという方や、思っていたよりも引っ越し料金を抑えることが出来たという方もいらっしゃいます。
同じ量の荷物を同じ場所に運ぶのに、こんなに料金に差があるのかと不思議ですが、業者によって料金設定が異なるので有り得ることなのです。

 

大手引っ越し業者と地元の引っ越し業者の合わせて200社以上が参加しているので、どちらの業者がいいのか迷っている人にもオススメです。

 

見積もりが届いたらサービス内容や価格などを考慮して、自分のお気に入りの1社を決めてくださいね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

 

 

引越し業者には繁忙期があります

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には「繁忙期」と呼ばれる時期があるのをご存知ですか?

 

引越し業者の繁忙期は3月前後のことで、この時期は日本全国どこの引越し業者も大忙しです。
どうして繁忙期ができるのでしょうか?

 

なぜなら受験を終えた新大学生や就活をパスした新社会人が4月の新学期に向けて新天地に飛び出すからです。
一人暮らし・寮に入る。シェアハウスに入るなど親元を離れる人が一気に引越しをするのです。

 

しかも、これだけではありません。
日本の企業は全国展開しているところが多く、春の人事異動で4月の新学期から新しい部署に配属されるサラリーマンも多いのです。
そのサラリーマンの家族や単身赴任のサラリーマンの引越しも3月に重なるのです。

 

ここに通常の引越しも加わって、3月前後はどこの引越し業者も大忙しになります。

 

できれば繁忙期を避けることをオススメしますが、もし避けられないのであれば新居がきまったらすぐに見積もりを取って業者を比較し、一番条件の良い引越し業者を抑えておきましょう

 

のんびりしていると高い業者しか残らなくなるか、引越しの予約すらできないということもありますのでお気を付け下さい。

 

 

引越し作業のおおよその手順

 

引越し 手順

 

引越しが決まったらすることが多くて気が焦りますね。
どんなことをしなければならないのか、おおよその手順を確認しておいてくださいね。

 

・引越しといえば引越し業者を決めてしまいたいと思いますが、新居が決まらないと見積もりが出来ません。
引越し業者への見積もりは、新居が決まってからすぐというタイミングがオススメです。
逆に新居が決まってからのんびりしていると、条件の良い引っ越し業者は予約でいっぱいなんて事になりかねないからです。

 

・不用品は引越し前に処分して荷物を減らした方が引越し費用が安くて済みます。
メルカリやラクマ、ヤフオクなどのフリマなどで自分で直接売ることもできますが、売れるまでには時間がかかりますから早めに動きましょう。
いらないものは思い切って処分しましょう。

 

・市外へ引越しする場合は転出届を出します。引越しの2週間前から出すことが出来ます。
転出届を出さずに引越しすると、非常に面倒なことになりますのでご注意ください。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。電話をかけて手配しておきましょう。
もしかしたらガスは安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。

 

・さて、郵便物も引越しをしなければなりません。
これは最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日、荷物の運搬は引越しのプロにお任せください。
しかし引越し業者が運べない荷物もありますから、ご注意ください。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。
こちらも引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更を。
忘れがちなので、お気をつけて。

 

 

引越し業者の有料オプションとは

 

引越し オプション

 

引越し業者の見積もりには、人件費と交通費とオプション費があります。
引越し業者のスタッフにかかる費用が人件費、トラックやガソリン代が交通費として、オプション費って一体どんなものでしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションには以下のようなものがあります。

 

1.エアコンの取り付け・取り外し
2.テレビの取り付け・取り外し
3.ハウスクリーニング
4.車の陸送
5.ピアノの運搬
6.ペットの運搬
7.殺虫サービス
8.荷物の一時保管
9.盗聴器の発見

 

必要な人だけ選んでカスタマイズできるサービスが、オプションです。

 

エアコンは屋外に設置してある室外機と配管で繋がれていますから、自分で外せません。
電気屋さんでないと移設することが出来ません。
それなのに旧居で1回、新居で1回の計2回も来てもらう必要があるので、手配が非常に面倒なんです。
その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。
オプションで「ピアノの運搬」を選択してから一括見積もりをしておけば、ピアノの運送ができる引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

最近は部屋に盗聴器などが仕掛けられているケースがあります。
心配な方は入居の際に盗聴器の有無を調べてもらうサービスがあります。

 

オプションは各引越し業者によって内容が違うので、選ぶ基準の一つにもなりますね。

 

 

引越しでのダブル家賃の回避方法

 

引越し 家賃

 

引越しのときに引越日の設定を間違えると、2ヶ所分の家賃がかかることがあります。
同月に違う物件の家賃が発生するダブル家賃、どうにか回避したいところです。

 

まずは今の物件を退去する際には何ヶ月前に言う必要があるかということです。
契約書を探して確認してください。

 

退去予告h3ヶ月前にだとか、1ヶ月前だとか指定があると思います。これは物件によって違います。
大家さんも空き部屋になると困るので、余裕を持って次の入居者を探したいのです。

 

もし3ヶ月前に言う必要がある物件だった場合は新居が決まってから告知したのでは間に合わず、ダブル家賃が発生する可能性が高いです。

 

3ヶ月だった場合はまず現住所の管理会社に解約予告をしてから、新居を探し始めましょう。

 

「3カ月後に出ます」という予告を先にしてから、その間に新居を探して引越し予定日ギリギリに契約するのが理想的です。

 

ただし、良い物件がすぐに見つかった場合は他の人に取られる可能性もあって辛いところです。

 

建設中の新居物件を予約するという方法もあります。
なんせ建設中ですから手付金を支払えば予約することができて、家賃は発生しません。

 

または1カ月フリーレントという物件もありますので、そういう物件を狙うという方法もあります。
しかし物件がたくさんある地域ならともかく、そう上手いこと条件に合う物件が見つからないこともあります。
もしかしたらそっちのほうが多いかもしれません。

 

その場合は新居物件の管理会社に相談して、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉しましょう。
大家さんもこのまま物件を空部屋にしておくのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。

 

あと駐車場を借りている人は駐車場の解約予告も行ってくださいね。

 

 

引っ越しの相場を知る方法

見積もりを取ろう

引越費用はいくら位、かかるんだろう?と気になって、引っ越し業者のチラシや、ホームページを見ませんか?
でも結局「20000円〜」となっていて、具体的な数字はわかりませんし、モヤモヤは消えないのです。

 

たとえ一人暮らしの引っ越しでも、相場は2万〜20万円と大きな幅があります。

 

それは荷物の量だけでなく、引っ越しの距離や物件によって大きく差があるからです。

 

具体的で使える数字を知りたいなら、見積もりを取るしかありません。

際の荷物の量・引っ越し先の場所・物件の状況などを入力することによって、初めて生きた数字になるのです。
実際の数字を見ることで、自分で行う作業や業者にお願いする作業が見えてきます。
ちょっと高いな・・・と思ったら、「冷蔵庫と洗濯機だけお願いしようかな?」という妥協案も見いだせるということです。

 

そこでおすすめなのが「引っ越し業者一括見積もりサイト」です。

 

1度の入力でいくつかの引っ越し業者からの見積もりを取ることができます。
何社かの数字が出て初めて「相場」がわかるのです。

 

引っ越し費用の相場がわかれば、納得して引っ越し作業が進められますね。
「100社以上から無料で見積もり」と記載があっても、実際に100社すべてから見積もりが来るわけではありません。

 

入力した郵便番号に対応できる地域の引っ越し業者からしか来ませんので、心配しないでください。

 

とても便利なので、「相場と最安値」を知りたいならぜひご利用下さい。

 

 

引っ越しが安くなる条件

 

引っ越し料金が安くなるには、いくつか条件があります。

 

1.かならず複数の業者から見積もり取って、比較すること。

 

2.土曜、日曜、祝日よりは平日の方が料金が安くなるチャンスが高い。

 

3.午前中指定よりも、午後、もしくは時間指定しなければ、もっと安くなるチャンスがある。

 

4.長距離引っ越しの場合、同じ方面に送りたい人と混載便で送ると安くなる。
ただし、この日に送ってほしいなどの指定が難しい。

 

5.大安を避ける。

 

6.家賃の関係で月末に引っ越ししたい人が多いので、そこを避ける。

 

7.引っ越し業者に安い日を聞いてみる。

 

人が引っ越しをしたがらない日を選ぶことで、引っ越し料金が安くなるチャンスがあります。
あと、引っ越し業者にも忙しい日と暇な日があるので、「費用が安くなる日を教えてください!」と聞いてみるのもオススメです!

 

 

引越し業者を比較する

 

引越し比較

 

引越し料金は単身引越しで3〜6万円、カップルの引越しで6〜10万円、ファミリーの引越しで6.5〜16万円くらいが相場だと言われます。
しかし引越し料金は、引越しの時期や業者によってかなりの差あるため見積もりを取ってみないと本当の相場はわからないのです。

 

実際、引越し業者を選ぶ時には6社程度から見積もりが欲しいところです。
引越し業者の数が多いほど、相場の精度が上がります。

 

引越し業者には繁忙期があって、この時期はどこの引越し業者も費用を高めに設定しています。
臨時スタッフを増員したり、残業覚悟でこの時期を乗り越えないと、仕事が終わらないこともあるからです。

 

ですから引越し業者を決める際は、できるだけ多くの引越し業者からの見積もりが欲しいのです。

 

ただ業者を選ぶ際に注意しなければいけないことは、見積もりのトータル金額だけを見て決めないことです。
ちゃんとどのような項目があるかサービスの内容も確認しましょう。
一番料金が安い業者だったけど、ダンボールがもらえなかったとなると結果的に高くつくこともあります。

 

内容を確認していないと当日追加料金が発生し、見積もり書の段階よりもかなり高くついたなんてことのないようにしたいですね。

 

引越し一括見積もりはこちら