引越し キャンセル

引越しとキャンセルについて

引越し キャンセル

 

せっかく引越し業者と契約したのにキャンセルしなければならないということがあるかもしれません。
急病での入院や手術、事故、急な長期の出張など、予期せぬことで引越しができなくなることは十分あり得ます。

 

こんな自己都合でのキャンセルの場合、キャンセル料などはいつからかかるのかいくらかかるのか気になるところですね。

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下の通りです。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

引越しの前日からしかキャンセル料がかからないなんて、かなり依頼者に有利だと思いませんか?
引越し業者は3日前でも1週間前でもキャンセルされると非常に困りますが、キャンセル料はもらえないのです。

 

キャンセルがかからないから・・・とギリギリに言うのは止めてくださいね。
キャンセルが決定であれば、すぐに引越し業者に連絡して下さい。

 

標準引越運送約款は引越し業者にとっては不評なシステムなので、改訂される可能性もあります。
引越し業者と交わした契約書の「キャンセルについて」の取り決めも読んでご確認ください。

 

最初からキャンセルするつもりの方はいないと思います。
事情ができてキャンセルせざる得ない場合は早めに引越し業者に連絡して解約手続きを行ってくださいね。

トップページ > 引っ越し費用がだいたい知りたいという方に安くする方法を教えます