引っ越し作業と手順

引越し作業のおおよその手順

引越し 手順

 

引越しが決まったらすることが多くて気が焦りますね。
どんなことをしなければならないのか、おおよその手順を確認しておいてくださいね。

 

・引越しといえば引越し業者を決めてしまいたいと思いますが、新居が決まらないと見積もりが出来ません。
引越し業者への見積もりは、新居が決まってからすぐというタイミングがオススメです。
逆に新居が決まってからのんびりしていると、条件の良い引っ越し業者は予約でいっぱいなんて事になりかねないからです。

 

・不用品は引越し前に処分して荷物を減らした方が引越し費用が安くて済みます。
メルカリやラクマ、ヤフオクなどのフリマなどで自分で直接売ることもできますが、売れるまでには時間がかかりますから早めに動きましょう。
いらないものは思い切って処分しましょう。

 

・市外へ引越しする場合は転出届を出します。引越しの2週間前から出すことが出来ます。
転出届を出さずに引越しすると、非常に面倒なことになりますのでご注意ください。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。電話をかけて手配しておきましょう。
もしかしたらガスは安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。

 

・さて、郵便物も引越しをしなければなりません。
これは最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日、荷物の運搬は引越しのプロにお任せください。
しかし引越し業者が運べない荷物もありますから、ご注意ください。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。
こちらも引越し後2週間以内に行ってくださいね。

トップページ > 引っ越し費用がだいたい知りたいという方に安くする方法を教えます